アイコン 韓国の世界自然遺産登録申請 門前払い

 

 

韓国が世界自然遺産に登録しようとした「韓国の干潟」の申請書が、ユネスコ(国連教育科学文化機関)世界遺産センターから突き返された。
文化財庁は22日「今年1月に提出した『韓国の干潟』登録申請書が、世界遺産センターの完成度検討で差し戻しになった。申請書の完成度を高め、来年1月に再度提出する」と発表した。
ユネスコが韓国政府の世界遺産申請書を差し戻すのは今回が初めて。

文化財庁は「世界遺産センターは『申請書に載せられた地図の縮尺が小さく、新安地域の干潟のように広い領域の場合(世界遺産申請地域の)境界が明確に表現されていない』という意見を伝えてきた」と説明した。
「韓国の干潟」は、忠清南道舒川、全羅北道高敞、全羅南道宝城・順天・新安の干潟1000平方キロを含む地域で、2007年に登録された「済州―火山島と溶岩洞窟」に続き、韓国にとって2例目の世界自然遺産登録が推し進められている。

今回の件は、2016年の「韓国の書院」、昨年の「漢陽都城」の世界遺産登録が自主撤回の形で白紙になったのに続くもの。
以上、朝鮮日報参照

スポンサード リンク

韓国の文化財庁が、各自治体や団体からの圧力により、事前審査をいいころ加減・適当に行っているところに、こうした問題が浮上し続けている。今回は申請して2ヶ月も経たず門税払いとなった。

ユネスコは、当干潟について汚染度合いを細菌検査で調査する必要があろう。こうした干潟で採取される韓国産貝類は、米国で人糞由来の細菌が検出されたとしてFDAが米国内での販売禁止措置をとっていた。それは生もの・加工品・熱処理される缶詰類に至るまでシャットアウトの販売禁止措置だった。まだ、こっそり人糞を海に捨てたりしている業者がいるようだが・・・。こうしたインフラ整備こそ韓国には必要ではないのだろうか。

スポンサード リンク
[ 2018年3月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ