アイコン 金塊密輸60キロで韓国籍人を再逮捕

 

 

福岡県警などは16日、韓国・釜山から福岡空港を経由し、金塊約60キロ(2億7600万円相当)を密輸したとして、韓国籍の自称自営業、チェ・チョル被告(47/関税法違反罪などで起訴)を同法違反容疑で再逮捕したと発表した。運搬役ら12人と共謀して持ち込んだとみられ、容疑を認めているという。

ほかに暴力団工藤会(本部・北九州市)元組員で会社経営、林博之容疑者(51/山口県下関市大坪本町)と、韓国籍の自営業、青松康浩容疑者(57/東京都台東区台東)の2人も逮捕した。
逮捕容疑は2017年10月31日、釜山の金海国際空港から福岡空港まで運んだ金塊約60キロを必要な届け出をせずに隠し、日本に入国した疑い。

捜査関係者によると、運搬役が5グループに分かれて金塊を12キロずつ隠し持って入国。福岡市内のホテルでチェ容疑者らが受け取って売却したという。同容疑者は「17年9月から金塊を密輸し日本人に引き渡していた」などと供述しており、県警などは暴力団の資金源になっていた可能性も視野に全容解明を進める。
以上、報道参照

スポンサード リンク

60キロ運べば、消費税8%分の約2200万円が上がりとなる。渡航費や運び屋賃の経費を差し引いてもほとんどが残る。
先般は、旅行者に扮した韓国の女性たちの尻の穴に金塊を入れ、運ばさせていた事件が発覚していた。尻の穴から出させたところ、金の色がさらに黄色く輝いていたそうだ。匂いは不明。

韓国籍の犯罪、内容によっては強制送還できないものか。
韓国は左派の盧武鉉元大統領が大統領当事、在日韓国人を徹底的に嫌った発言をなしており、その盧政権を継承した文政権も同じことだろう。文政権忖度裁判所によるロッテ会長の実刑判決でも伺えるというものだが・・・。

スポンサード リンク
[ 2018年3月16日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ