アイコン (株)むつわホールディングス、(株)ルート(愛知)/自己破産申請

 

 

店舗用什器製造の(株)むつわホールディングス(愛知県あま市上萱津八剱10、代表:河本篤根)と関連で看板等制作の(株)ルート(愛知県あま市下萱津蓮池38、代表:同)は4月2日、申請処理を石井大輔弁護士(電話052-201-7728)に一任して、名古屋地方裁判所へ自己破産申請した。

負債額はむつわホールディングスが約5億円、ルートが約5億円。

スポンサード リンク

(株)むつわホールディングスは昭和59年創業の店舗什器製造業者。平成27年9月期には百貨店や専門店への納品で約20億円の売上高を計上していた。しかし、その後は大口受注などが少なくなり売上高は15億円台まで減少、外注費の高騰などから採算性を悪化させていた。

(株)ルートも昭和59年創業の看板などの制作業者。(株)むつわホールディングスと一体となり看板やサイン・陳列什器などの製作や取り付け工事なども行い、平成28年6月期には14億円台の売上高を計上していた。むつわホールディングスに連鎖し行き詰った。

スポンサード リンク
[ 2018年4月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ