アイコン リニア談合 指名停止中 4ヶ月間 スーパーゼネコン4社 大成・鹿島・大林・清水

 

 

関東地方整備局は、スーパーゼネコン4社に対して、次のとおり指名停止措置を行なった。

1、指名停止措置会社:大成建設、鹿島建設、大林組、清水建設

2、指名停止措置期間:平成30年3月29日から平成30年7月28日まで(4ヶ月間)

3、概要:公正取引委員会は、東海旅客鉄道(JR東海)が発注する中央新幹線建設工事の受注調整事件について犯則調査を行ってきたところ、独占禁止法に違反する犯罪があったと思料して、同法第74条第1項の規定に基づき、平成30年3月23日、建設業者4社等を検事総長に告発し、同日中に東京地方検察庁はこの4社等を起訴したことによる。

スポンサード リンク

なお、大成建設と鹿島建設は談合を否認したままとなっている。

今後、裁判で有罪判決が出れば行政処分も行われる。

子会社に5件も受注させている発注者のJR東海には、お上が付いており、触れられることはない。

 

スポンサード リンク
[ 2018年4月11日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ