アイコン リニア談合 大成が特捜に喧嘩うる 追家宅捜査に抗議文

リニア談合を大林が全面的に認め、清水も認め、大成と鹿島が認めないスーパーゼネコン4社の構造。お上に立てつくとその後ろくでもないことが生じるのだが・・・。

東京地検特捜部は1日、リニア中央新幹線をめぐる談合事件で、「大成建設」と「鹿島建設」に2度目の家宅捜索を行ったが、大成建設は、捜査は不当だったとして特捜部に抗議文を提出した。

大成建設の弁護士らは、弁護活動として、東京地検特捜部の事情聴取を受けた社員らの説明をまとめた文書を作成したが、特捜部は1日の捜索でこの文書を押収したほか、弁護士のパソコンも押収したという。

 また捜索の際、特捜部の検察官が、社長室で社長がいる前で担当社員らの事情聴取を行い、「『社長の前でも嘘をつくのか。ふざけるな』などと怒鳴りつけた」という。

スポンサード リンク

大成建設は、「大阪地検の証拠改ざん問題があったにもかかわらず、検察の体質が変わっていないことを示すもので、容認できるものではない」と抗議している。

以上、

検察の恥部=大阪特捜の証拠捏造事件、大成建設が、それを持ち出したとなれば、東京特捜は検察挙げて、大成建設に対することになる。

大成建設は、検察を抑えきるほどの政脈を有しての抗議内容だろう。逆に政治制裁で検察の上層部が入れ替わる可能性もある。

ただ、この件は大林が認めている。

スポンサード リンク
[ 2018年2月 2日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ