アイコン 仮想通貨業者のブルードリームジャパンを営業停止処分

 

 

国は税を取りたいばかりに節操に仮想通貨高官業者を認める中、コインチェックで巨額流出事件が発生、改めて制度の脆弱さを浮き彫りにさせ、腹癒せに認可したばかりの仮想通貨業者まで処分する行き当たりばったりの行政を安易に行使している。

金融庁は11日、仮想通貨交換業者のブルードリームジャパン(岐阜市)に2ヶ月間の業務停止を命じた。
同社は、改正資金決済法に基づき、金融庁が業者登録を審査中の「みなし業者」。
自社が発行する仮想通貨について、売買がほとんどないのに市場価格があるかのように顧客に説明し、販売していた。
資金洗浄対策やシステムの安全対策も不十分だった。
 
金融庁は業務停止と同時に業務改善命令も出して、経営体制の刷新などを指示した。
5月11日までに業務改善の報告書を提出するよう求めている。

金融庁によると、ブルードリームは同社の自己勘定と社長個人との間の取引で、自社発行の仮想通貨の価格をつり上げ、販売していたという。

これで金融庁の立ち入り検査を受けたみなし業者全16社と一部登録業者のうち、行政処分は10社となった。
以上、

自社発行の仮想通貨の価格をつり上げでも営業停止だけ、みなし業者の適用廃止が妥当ではないのだろうか。詐欺だろう。

スポンサード リンク
最近のピーク価格と4月12日の価格
4月12日の相場は午前0時37分の価格
 
ピーク
4月12日
ピーク比
JPY
ピーク日
価格
価格
対比
Bitcoin
12月7日
2,220,981
739,104
-66.7%
Ethereum
1月13日
164,131
44,788
-72.7%
Ripple
1月7日
375
53
-85.9%
Litecoin
12月19日
47,052
11,750
-75.0%
DASH
12月20日
194,915
32,827
-83.2%
Monero
12月20日
63,415
37,604
-40.7%
NEM
1月3日
215
25
-88.4%
Monacoin
12月6日
2,040
353
-82.7%
 

スポンサード リンク
[ 2018年4月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ