アイコン (有)ユーズテック(長野)/自己破産へ

 

 

金属加工の(有)ユーズテック(長野県飯田市鼎切石5005-18、代表:上柳範夫)は4月2日事業停止、事後処理を蒲生路子弁護士(電話0266-23-2270)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約3億5千万円。

同社は昭和63年創業の金属加工業者。同社の金属加工技術は高く評価され、自動車・航空機関連向けなど特殊部品の金属切削加工を得意としていた。しかし、日本の製造業の衰退により受注が増加せず、行き詰った。

スポンサード リンク

同社はエアロスペース飯田の1社だった。

今、日本で持て囃されている製造技術は、江戸時代や明治時代から続く過去の遺産ばかり。補助金減らし行政の技術開発研究機関、オーナー企業も少なくなり技術開発力をなくして久しい。

 

ユーズテックの主要設備
■マシニングセンター
 
マツウラ
FX-5 (2万回転) 3台
FX-5 (5軸加工、3万回転) 1台
マツウラ
MAM72-63V (5軸加工)
マツウラ
MC500V
豊田工機
FH50B
FANUC
ロボドリル 4台 ほか
■NC 旋盤
 
森精機
NL2500
エグロ 
ナックレット
■プレス
 
アイダ
 80t
ワシノ
 45t
■測定設備
 
東京精密 
3次元測定器 ほか

 

スポンサード リンク
[ 2018年4月 3日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ