アイコン 尾道のスーパー(株)鶴屋(広島)/弁護士一任へ

 

 

食品スーパーの(株)鶴屋(広島県尾道市十四日元町2-18、代表:新光和彦)は、債務処理を島本誠三弁護士(電話0848-23-7519)に一任した。現在、在庫処分セールを行っているがその後閉店予定。

負債額は約2億円。

スポンサード リンク

同社は昭和33年創業の地場食品スーパー。以前は10億円以上の売上高を計上していたが、同業者やドラッグストアの進出で競争激化、最近では2億円台まで売上高が落ち、経営不振が続いていた。

スポンサード リンク
[ 2018年6月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ