アイコン 3年前専門家危険性指摘、小学校塀倒壊女児死亡事件 教委打音検査で安全宣言の過去

 

 

18日午前7時58分頃発生した大阪府北部地震で、小学4年の三宅璃奈さん(9)がプールのブロック塀の下敷きとなり死亡した高槻市立寿栄小の田中良美校長は、塀の危険性を2015年に防災専門家から指摘されたが、市教育委員会が検査し安全性に問題はないと判断していたと、21日の保護者会後の記者会見で説明した。

田中校長は、2015年に防災専門家に、校区内の危険箇所を確認した際、防災専門家から今回倒壊したブロック塀の危険性を指摘されたと説明した。

防災の専門家から危険性を高槻市教育委員会(当時の教育長は深堀基子氏)にも伝えられたが、市教委がハンマーでたたくなどの検査をして「安全性に問題はない」と学校側に回答したという。

(教育委員会の建築素人の職員が問題外の打音検査で安全宣言してしまったため、安全確保のための改修工事さえも行われなかった)

この専門家は、危険性を市教委と学校に伝えたと証言しているという。
以上、報道参照

スポンサード リンク

ブロック塀の建築基準法による高さ制限は2.2メートル、現地の塀の高さ3.5メートル、下部1.9メートルの上部に、プールを目隠しするため1.6メートル部分を継ぎ足してブロック壁を工事していた。
倒壊部分は上部に継ぎ足した1.6メートル部分が幅40メートルにわたり倒壊したもの。1.6メートルの高さの継ぎ足し壁の幅が約50メートルもあるにもかかわらず、安全のためのT字型補強の「控え壁」もまったく設置されていなかった。
こうした点から見れば、施工した業者も、素人三昧の工事となる。(現場映像を見る限り上部には鉄筋は入っているようだが、下部と上部の接合部分が適当に接合されていたようだ。倒壊した壁の露出角面を見ると、上下ジョイント用の鉄筋数が大幅に足りない。ジョイント部分の施工方法は映像では確認できず・・・)

教育委員会は建築の専門家ではあるまいし、どうして防災の専門家が指摘したことを、そのまま高槻市に伝えず、建築の素人の教育委員会が、専門家の指摘を否定するような行動をとったのだろうか。
(2012年12月に発生した中央道笹子トンネル天井崩落事件をTVで見、脳裏にあったトンネルや橋脚のように打音検査を実施したのだろうか。打音検査は、コンクリ内部の剥離や割れを音の違いでチェックするもので、今回の下部・上部の接続状態など調べるのにはまったく適しない、参考にもならない検査。当然、異常なしだろう。1.6メートルの40~50メートルのブロック壁工事、費用も相当額かかっているが、設計図面や施工図面も保管されていないのだろうか。あれば、設計業者や施工業者が判明する)

通常ならば、教育委員会は、指摘した防災専門家もしくは高槻市に依頼し、市が指定した防災専門家や建築専門家に、詳細を再調査させるのであろうが・・・。
いくらなんでも打音検査は・・・不適合検査

もうこれは、教育委員会の犯罪としかいいようがないと思えてならない。

防災専門家から指摘を受けており、校長もその責は免れないが、自らの生徒が亡くなっており、保護者会では勇気を持って経緯を説明したものだと、いくらか評価したい。
今の先生たち・教育現場や教育委員会関係者たちは、生徒が虐めで亡くなっても、平気で上層部が隠蔽し、それを現場の先生たちは誰一人内部告発さえしようともしない。今の教育現場は事なかれ主義が蔓延し腐っているようだ。そうした面から今回の田中校長は発言を評価したい。

 

<教育委員会は名誉職ではない>

 高槻市教育委員会 メンバー
 
氏名
元職/職業
任期/平成
教 育 長
樽井弘三
教育指導部長・元校長
30/6.15~33/6
教育委員
中村公美子
大学講師/元教育長
23/12~31/11
教育委員
八十祐治
弁護士
25/10~32/9
教育委員
深堀基子
30/6/14まで教育長/    元高槻市PTA協議会代表、第六中学校PTA
26/3~34/3
教育委員
美濃 律
歯科医師
29/10~33/9
↓3月のH30年3回定例会まで委員だったが、最新では掲載されていない
教育委員
一瀬武
元教育長
 
・教育委員は外部委員2名のほかは元教育長の天下りコースのようだ。新教育長もやりにくいだろう
 
 
<教育委員会組織の参考程度>

 

高槻市教育委員会の各組織とその幹部
30年3月19日現在
教育管理部長 
平野徹
教育指導部長 
横山寛
教育管理部部長代理 
田中宏和
教育管理部参事兼城内公民館長兼真上公民館長兼磐手公民館長 
加納彰
教育管理部参事兼中央図書館長 
境谷圭太
教育指導部部長代理 
小澤康信
教育指導部参事兼教職員課長 
北堂薫
総務課長 
木下諭
学務課長 
丹羽正裕
保健給食課長 
橋長忠司
地域教育青少年課長 
原田由美子
文化財課長 
宮崎康雄
文化財課主幹兼しろあと歴史館長兼今城塚古代歴史館長 
中西裕樹
教育指導課長 
佐藤美恵
教育指導課主幹 
青野淳
教職員課主幹 
原雅彦
教育センター所長 
松井美奈子
教育センター主幹 
田中健文
総務課副主幹 
山本佐和子
総務課副主幹 
石崎正伸
保健給食課課長代理 
松岡創
地域教育青少年課課長代理 
矢野幸広
文化財課課長代理 
栗田智子
文化財課副主幹兼埋蔵文化財調査センター所長  
高橋公一
今城塚古代歴史館事務長 
内田真雄
中央図書館副主幹 
池田貴日止
教育指導課副主幹 
岩佐知美
教育指導課副主幹 
丸山みち子
教育指導課副主幹 
堀晶恵
教職員課副主幹 
吉川智之
教育センター副主幹 
藤田卓也
子ども未来部長 
万井勝徳
子ども未来部部長代理 
白石有子
保育幼稚園総務課長 
野谷研介
保育幼稚園総務課課長代理 
門屋智博
学校・保育所等の施設管理課が見当たらない。
・平成30年第3回高槻市教育委員会定例会に対し、説明のため出席した教育委員会の幹部職員たち/市のHPより


 

スポンサード リンク
[ 2018年6月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ