アイコン (株)淡路関空ライン(兵庫)/航路停止 成行注目 航路開設1年持たず

 

 

淡路関空ライン5日、関西空港と淡路島の洲本港を結ぶ高速船の運航を14日から休止すると発表した。
昨年7月9日に就航したが、利用者が想定を大幅に下回り、わずか1年で休止に追い込まれた。

関空と淡路島を結ぶ航路は、1998年の明石海峡大橋開通や高速バスとの競合で2007年に休止したが、インバウンド(訪日外国人)の増加を見込んで10年ぶりに復活し、定員217人の船を1日5往復、所要時間は65分で運航していた。

スポンサード リンク

しかし、年間約9万6000人と見込んだ利用者は6月現在、約1万7400人にとどまり、1年間で赤字が1億5000万円を超えた。

6月に国交省に航路の休止届を提出。減便して小型船による航路の存続も探ったが、経営好転の見通しが立たないとして断念した。
淡路関空ラインは5日午前、地元の洲本、淡路、南あわじの3市の担当者に運航継続を断念したことを説明。3市などは淡路関空ラインに今春、計6000万円の補助金を支給しており、強く反発している。

(株)淡路関空ライン
商号: 株式会社淡路関空ライン
本社地:兵庫県洲本市海岸通1-11-1 洲本ポートターミナルビル1F
代表取締役:吉村 淳一
設立:平成29年2月10日
事業内容:一般旅客定期航路事業(洲本~関西国際空港)

スポンサード リンク
[ 2018年7月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ