アイコン (有)岡部商店(福岡)/破産開始決定 倒産

 

 

野菜卸の(有)岡部商店(福岡市東区みなと香椎3-1-1、代表:岡部憲和)は9月4日、福岡地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、南谷博子弁護士(電話092-724-1113)が選任されている。

負債額は約1億7千万円。

スポンサード リンク

同社は昭和26年創業の野菜卸業者。スーパーなどへ野菜を納め、以前は11億円以上の売上高を計上していた。しかし、2016年1月、福岡市の野菜卸市場が博多区から福岡市中央卸売市場青果市場(ベジフルスタジアム)として、アイランドシティ(みなと香椎)に移転したことから経費増にさいなまれていた。今冬の厳冬や今夏の猛暑により野菜価格が高騰、販売不振、採算性の悪化から、経営不振に陥り今回の事態に至った。

スポンサード リンク
[ 2018年9月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ