アイコン 東栄設備工業(株)(熊本)/自己破産へ

 

 

管工事、設備工事の東栄設備工業(株)(熊本市東区戸島町920-12、代表:向坂洋一)は9月11日、事後処理を山本好郎弁護士(電話096-319-1800)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約4億円。

スポンサード リンク

同社は昭和36年創業の慣行時、設備工事会社。以前は14億円以上売り上げていたが、平成29年9月期には6億円台まで売上高が落ち、下請け工事が主を占め、採算性も悪化させていた。熊本地震でメンテナンス工事や新築現場の工事が増加したが、採算性は低く、それも一巡して経営不振に至っていた。

 

東栄設備工業(株)の財務内容と業績 平成29年9月期/千円
流動資産
129,071
流動負債
92,738
 
 
固定負債
51,522
固定資産
177,273
自己資本
162,084
 
 
(資本金)
20,500
総資産
306,344
負債+資本
306,344
売上高
粗利益
経常利益
自己資本率
624,424
103,419
3,357
52.9%
・管工事、設備工事、建築工事。/固定資産の評価損があるのか粉飾か

 

スポンサード リンク
[ 2018年9月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ