アイコン 笠原ケース(株)(大阪)/自己破産へ

 

 

ディスプレー・什器のリースおよび販売の笠原ケース(株)(大阪府松原市天美我堂2-312、代表:笠原修)は9月30日事業停止、事後処理を小林寛治弁護士(電話06-6363-8101)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約3億円。

スポンサード リンク

同社は昭和30年創業の陳列用ショーケースなどをリースや販売している会社。

宝飾品販売業界を得意とし、以前は年商5億円前後の売上高を計上していたが、バブル崩壊とともに宝飾品業界は低迷を続け、弊店も相次ぎ、アベノミクスでも回復に至らず、同社のショーケース需要は低迷し続けていた。

 

 

 

 

スポンサード リンク
[ 2018年10月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ