アイコン 最新 大型で強い台風25号 6日朝・朝鮮半島南端上陸へ 九州北部暴風雨要警戒

 

 

これまで、大型で強い台風25号は対馬海峡付近を通り、日本海へ抜け、東北・北海道へ向かうとされていたが、最新の気象庁の発表では若干北寄りに進路が変わり、釜山市辺りに上陸する予想がなされている。ただ、東北北部・北海道への進路予報は変わっていない。
北海道の札幌や胆振地方は度重なる地震で地盤が緩んでおり、大雨の場合、崖崩れの可能性が高くなっていることから、早期の避難が必要だ。
韓国は台風に慣れておらず、釜山などは海岸部の浸水のほか、丘陵地の住居地域も多く、事前の避難が最善の安全対策だろう。
なお、釜山市と福岡市の直線距離は218キロ、北九州市も変わらない。6日朝、暴風雨圏内を僅かに外れるか外れない圏内であり、25メートル前後の暴風雨となる。

気象庁の5日午前11時の発表によると、大型で強い台風第25号は、5日10時には久米島の北北西約230キロにあって、1時間に約25キロの速さで北へ進んでいる。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径190キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

台風は、5日は東シナ海を北上し、6日には韓国の済州島付近で北東に進路を変え、強い勢力のまま九州北部地方に接近し、その後やや勢力を弱めて日本海に達すると予報。

スポンサード リンク

7日には暴風域を伴って北日本に進むおそれがある。
また、西日本には前線があって、ゆっくり北上している。前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、西日本の南東斜面を中心に雨が強まっている。前線は6日にかけて西日本から北日本を北上する見込み。

<風>
6日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は
九州北部地方:30メートル(45メートル)
中国地方:25メートル(35メートル)
沖縄地方、奄美地方、九州南部、近畿地方、四国地方:23メートル(35メートル)
北陸地方:20メートル(30メートル)

<波>
6日までに予想される波の高さは
九州北部地方:9メートル
沖縄地方、奄美地方、九州南部:8メートル
中国地方:7メートル
四国地方:5メートル

1005_04.jpg

 

大型で強い台風第25号 (コンレイ)/気象庁
5日午前10時現在
大きさ
大型
強さ
強い
存在地域
久米島の北北西約230km
中心位置
北緯 28度10分(28.2度)
 
東経 125度55分(125.9度)
進行方向、速さ
25km/h(13kt)
中心気圧
965hPa
中心付近の最大風速
35m/s(65kt)
最大瞬間風速
50m/s(95kt)
25m/s以上の暴風域
全域 190km(100NM)
15m/s以上の強風域
全域 560km(300NM)
5日21時の予報
強さ
強い
存在地域
五島市の西南西約300km
予報円の中心
北緯 31度10分(31.2度)
 
東経 126度10分(126.2度)
進行方向、速さ
30km/h(16kt)
中心気圧
965hPa
中心付近の最大風速
35m/s(65kt)
最大瞬間風速
50m/s(95kt)
予報円の半径
70km(40NM)
暴風警戒域
全域 260km(140NM)
6日09時の予報
強さ
強い
存在地域
朝鮮半島南端
予報円の中心
北緯 35度00分(35.0度)
 
東経 128度05分(128.1度)
進行方向、速さ
北北東 40km/h(21kt)
中心気圧
965hPa
中心付近の最大風速
35m/s(65kt)
最大瞬間風速
50m/s(95kt)
予報円の半径
150km(80NM)
暴風警戒域
全域 330km(180NM)
7日09時の予報
強さ
-
存在地域
函館市の西北西約50km
予報円の中心
北緯 42度00分(42.0度)
 
東経 140度10分(140.2度)
進行方向、速さ
北東 55km/h(29kt)
中心気圧
975hPa
最大風速
30m/s(55kt)
最大瞬間風速
40m/s(80kt)
予報円の半径
280km(150NM)
暴風警戒域
全域 460km(250NM)
8日09時には日本のはるか東の太平洋へ至る予報

1005_05.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年10月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ