アイコン ヒラノ産業(株)(埼玉)/自己破産へ

 

 

ゴム・ビニール製品卸のヒラノ産業(株)(埼玉県朝霞市根岸台2-12-10、代表:佐藤哲郎)は11月9日事業停止、事後処理を須田唯雄弁護士(電話03-6264-0937)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約3億5千万円。

スポンサード リンク
 

同社は昭和30年7月設立のゴム製品・ビニール製品の卸会社。同社はビニールレインコートなど生活用品中心を自社企画し、中国で生産し、以前は7億円以上の売上高を計上していた。しかし、中国での賃金上昇、原材料費の高騰、円安為替もあり、輸入価格が大幅に上昇したことにより、採算性が大幅に悪化し、売上高も低迷し、支えきれず今回の事態に至った。

スポンサード リンク

[ 2018年11月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ