アイコン 信越化学 9月中間決算 3.9%の増益 シリコンウェハ30%シェア

 

スポンサード リンク
 

信越化学工業が25日、4~9月期の連結中間決算を発表した。純利益は前年同期比4%増の1650億円と同期間として最高益になった。

増益に貢献したのは主力の半導体基板向けのシリコンウエハ事業、世界市場30%のトップシェアを持ち、世界市場が4~6月期も前年同期比▲5.0%減と回復していないなか、同社は顧客と長期契約を結んでいるため、スポット契約の市況に左右されにくいという利点が生じている。
今年前半に落ち込んだ半導体の需要は、底入れの動きもでており、今後、半導体の素材メーカーに再び追い風が吹く可能性もある。
 
メモリ半導体最大手のサムスンでは在庫減も進んでいる。ただ、同じメモリ半導体を主力とするマイクロンやSKハイニックスは、スマホなど自己消費がなく、在庫増のままで、SKは今では次世代容量の半導体の製造に力を入れており、市場の主力容量の半導体の値下がりがさらに進む可能性がある。
サムスンは、米トランプのファーウェイ制裁によりスマホ販売台数が欧州などで急回復しており、メモリ半導体の在庫減につながっている。最新スマホは高性能化し使用する半導体量も増加している。
信越化学工業 第2四半期(中間決算)
連結/百万円
売上高
営業利益
←率
経常利益
株主利益
19/3期Q2
791,701
209,240
26.4%
217,125
158,815
20/3期Q2
786,542
210,532
26.8%
218,222
165,025
20Q2/19Q2比
-0.7%
0.6%
 
0.5%
3.9%
20/3期予想
1,550,000
405,000
26.1%
418,000
314,000
20予/19期比
-2.8%
0.3%
 
0.6%
1.6%
19/3期
1,594,036
403,705
25.3%
415,311
309,125
18/3期
1,441,432
336,822
23.4%
340,308
266,235
17/3期
1,237,405
238,617
19.3%
242,133
175,912

[ 2019年10月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ