故、朴元淳ソウル市長をセクハラなどの容疑で告訴した被害者側が13日、記者会見で「4年間、威力によるセクハラが続いた」と明らかにした。

被害者Aさんを代理する金在蓮弁護士はこの日午後2時、ソウル恩平区のNGO「韓国女性の電話」事務室で開かれた記者会見で「犯行場所は市長執務室と執務室内の寝室」としながらも「詳細な方法は申し上げられない」とのコメントを明らかにした。

続いて「概括的には被害者に対して、楽しく仕事をするために2人の写真を撮ろうと言って執務室で自分撮り写真を撮った。そのときに身体的に密着した」とし「執務室の中にある寝室に被害者を呼んで抱いてほしいと言って身体的に接触した」と説明した。金弁護士は「7月8日午後4時30分にソウル市警に告訴状を届出た」とし「9日午前2時30分までに告訴人に対する1次事情聴取を終えた」と明らかにした。
続いて金弁護士はAさんとの相談に関連して「5月20日の2次相談で具体的な内容を聞いた」とし「5月27日に具体的に法律的な検討を始めていった」と話した。

sponsored


この事件の証拠については「被害者が使っていた携帯電話通じて任意提出前に私的フォレンジックを行った」とし「一部資料は捜査機関に提出した」と話した。

フォレンジック調査とは、法的証拠になりうるのかどうか、デジタルデバイスに記録された情報の回収と分析調査をいう。

続いて「(被害者が)夜遅い時間、友人と一緒にいる時にメッセージが届いたこともあるので友人たちも知っている。現存する」とし、「被害者はこのような持続的被害に対して何回も訴えた。普段からよく知っている記者にもテレグラムメッセージを送った」と明らかにした。

あわせて「親しい友人が一緒にいる時に届いたメッセージを友人はまだ覚えている」とし、「同僚公務員から伝送された写真を見たことがある。性的嫌がらせに対して秘書官に部署を移すよう要請した」と説明した。

金弁護士は「告訴状に記載された事実は、性暴力特例法違反だ。業務上威力による醜行、刑法上の強制わいせつ罪名だ」とし「提出証拠はテレグラム・フォレンジックの結果や、被害者が秘書職を辞めて以降の今年2月6日に被告訴人が深夜の秘密対話に招いた証拠も提出した」と明らかにした。

金弁護士は「概括的には被害者に、楽しく仕事をするために2人で写真を撮ろうと言って執務室で自分撮り写真を撮った。そのとき身体的に密着した」と説明した。

記者会見には金弁護士と韓国女性の電話・韓国性的暴力相談所関係者だけが出席した。

警察はAさん側の要請により、所轄警察署を通じて専門担当保護警察官を指定して告訴人の身辺を保護している。これに先立ちAさんは今月8日、警察に出席して告訴状を提出して告訴人の調査を受けたと分かった。
告訴状には朴氏から何回も身体接触を受け、メッセンジャーで不適切な写真やメッセージなどが送られてきたという主張が記されているという。
以上、韓国紙参照

ソウル市担当の記者たちの間では知れ渡っていたのだろう。
女性秘書は、相手が相手だけに、また仕事の上下関係上、強く拒絶できなかったことが、理性を失した元人権派弁護士の朴市長にとってセクハラをエスカレートさせてしまったようだ。

ネット上では、当該の元女性秘書に対して、誹謗中傷が山のようになされている。特にともに民主党を支持するサイトでの中傷が際立っているという。

市長執務室の中に寝室があること自体がこうした結果を招く。
韓国のナイトクラブにはVIPルームにシャワールームがあるという。当然、男性芸能人と女性との遊び場になっているが、時として性暴力の場になったりもしている。
男性有名人の自殺者を何人も出した韓国#MeToo運動の最後の女性たちの集会が「盗撮しないで・・・」であり、何か情けないものだった。
男性優位主義の中身は何も変わらず、性犯罪事件の判決の軽さがそれを象徴しているといえようか。法律よりも、法律の運用者である政治家や裁判所の判事たちに問題がありそうだ。一昔前までは、飲酒男性が女性に性暴力を振るったとしても罪にならない国でもあった流れが今も生き続けているようだ。韓国の女性たちがヒステリーになるのも何か理解できようか。