アイコン 明治安田生命「認知症ケアMCIプラス」販売

 

スポンサード リンク
 

明治安田生命は、2月2日から「みんなの健活プロジェクト」第2弾商品となる「認知症ケア MCIプラス」<5年ごと配当付終身医療保険(解約返戻金抑制型)[II型]>を発売する。
「入院」や「認知症」のリスクは、50歳以降高まることから、人生100年時代において、セカンドライフ世代の誰もが直面するリスクとなっている。

特に「認知症」については、現在の医療では発症後の回復がほぼ見込めないが、認知症の前段階である「MCI(軽度認知障害)」を発見できれば、認知症への進行予防や、健常な状態への回復も可能なため、早期発見が非常に重要なことが分かってきている。

こうした背景をふまえ、入院のリスクに対する「一時金給付タイプの一生涯の医療保障」に、認知症への進行予防や症状の改善に活用できる「MCI保障」、認知症発症後の家族の介護負担を軽減する「認知症保障」をセットした「認知症ケア MCIプラス」を発売する。

◆「認知症ケア MCIプラス」の主なポイント
1、認知症への進行予防に取り組むためのMCI保障
2、安心して介護を受けるための認知症保障
3、日帰り入院からまとまった一時金を受け取れる
4、入院・外来での手術や放射線治療、先進医療の保障
+充実したサービスと対面のアフターフォローで安心
以上、

親子が離れ離れの家庭は当たり前の社会になった日本、高齢者の一人暮らし、高齢夫婦暮らし、老老介護も現実のものになっている。
自らや親のためにこうした保険も真剣に考えるべきではないだろうか。

 

[ 2020年1月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産