アイコン 2019年の住宅着工戸数 ▲4.0%減の90.5万戸

 

スポンサード リンク
 

国交省が発表した2019年通年の新設住宅着工戸数は、持家及び分譲住宅は増加したものの、貸家が減少し続けているため、全体で減少となった。

1、総戸数
新設住宅着工戸数は前年比▲4.0%減の905,123戸で、3年連続の減少となった。
新設住宅着工床面積は前年比▲0.6%減の74,876千㎡で3年連続減。

2、利用関係別戸数
(1)持家(注文住宅)
持家は前年比1.9%増の288,738戸で3年ぶり増加した。
(2)貸家(貸家+アパート+賃貸マンション)
貸家は前年比▲13.7%減の342,289戸で2年連続の減少となった
(3)分譲マンションは前年比6.6%増の117,803戸で昨年の減少から再び増加となった。
(4)戸建分譲住宅は前年比3.6%増の147,522戸で4年連続の増加となった。

3.地域別戸数
<首都圏>
総戸数は前年比▲4.3%減
持家は2.8%増
貸家は▲13.9%減
分譲マンションは7.6%増
戸建分譲住宅は2.1%増

<中部圏>
総戸数は前年比▲1.3%減
持家は2.8%増
貸家F13.6%減
分譲マンションは23.0%増
戸建分譲住宅は7.7%増

<近畿圏>
総戸数は前年比▲3.2%減
持家は4.7%増
貸家は▲10.6%減
分譲マンションは▲1.4%減
戸建分譲住宅は0.7%増

<その他地域>
総戸数は前年比▲4.8%減
持家は0.7%増
貸家は▲14.6%減
分譲マンションは7.0%増
戸建分譲住宅は5.6%増
以上、


 

[ 2020年1月31日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産