アイコン 首都圏 分譲マンション販売 年推移と今年=2021年の予測

2020年の首都圏の分譲マンションの販売状況は、新コロナの感染拡大により、大きく販売戸数が減少した。販売を遅滞させたり、建設テンポを遅くしたり、着工を見合わせたりした物件も生じている。今年も猛威を振るっているが、2月下旬より待望のワクチン接種も始まり、集団免疫を構成する6~7割に達する10月前後には収束に向かうが、それまでに新規感染者数は大幅な減少傾向に入ると見られ、夏までには経済は回復してくるものと見られる(但し、ワクチンが効きにくい変異種が出現しての感染拡大や、ワクチンの供給量が年末に集中すればその限りではない)。

分譲マンションも20年に大きく落ち込んだ反動により、販売戸数は大幅に伸びると予測されている。

 

スクロール→

首都圏 分譲マンション販売 年推移/不動産経済研究所版

 

2018

2019

2020

 

戸数

前年比

戸数

前年比

戸数

前年比

都区部

15,957

-0.4%

13,737

-13.9%

10,911

-20.6%

都下

3,666

-8.7%

2,537

-30.8%

3,242

27.8%

神奈川

8,212

-3.8%

7,183

-12.5%

5,586

-22.2%

埼玉

4,294

8.5%

4,581

6.7%

3,367

-26.5%

千葉

5,003

48.5%

3,200

-36.0%

4,122

28.8%

首都圏計

37,132

3.4%

31,238

-15.9%

27,228

-12.8%

・首都圏、2016年▲11.5%減の35,772戸、20170.4%増の35,898

 


スクロール→

2021年首都圏の分譲マンション販売予測

不動産経済研究所版

 

2021年予測

2020年実績

 

戸数

前年比

戸数

前年比

都区部

14,000

28.3%

10,911

-20.6%

都下

3,000

-7.5%

3,242

27.8%

神奈川

7,000

25.3%

5,586

-22.2%

埼玉

4,000

18.8%

3,367

-26.5%

千葉

4,000

-3.0%

4,122

28.8%

首都圏

32,000

17.5%

27,228

-12.8%

 

[ 2021年1月28日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産