アイコン イワキホームの岩木産業(株)(広島)/自己破産へ

 

スポンサード リンク
 
 

建築工事業の岩木産業(株)(広島県福山市駅家町法成寺221-1、代表:岩木靖男)は1月31日事業停止、事後処理を萩田啓祐弁護士(電話084-924-2751)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約3億円。
 
同社は昭和47年1月設立の建築会社。木造注文住宅の「イワキホーム」による住宅建築のほか舗装事等土木工事など官庁工事も手がけ、以前は4億円以上の売上高を計上していた。

しかし、その後は住宅不況や大手ローコスト住宅会社などの営業エリアへの進出、官庁工事の減少などから、1億円台まで売上高が落ち、住宅分譲地の借り入れ負担などから、資金繰りにも窮し今回の事態に至った。

 

岩木産業(株)の財務内容と業績 平成31年3月期/千円
流動資産
235,103
流動負債
209,342
 
 
固定負債
116,631
固定資産
124,905
自己資本
34,035
 
 
(資本金)
30,000
総資産
360,008
負債+資本
360,008
売上高
粗利益
経常利益
自己資本率
245,259
35,477
335
9.4%
・建築、土木工事業
 

[ 2020年2月 3日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産