アイコン 追報:旧(株)エムグラント・フードサービスの(株)MFS(東京)/破産手続き開始決定

 

スポンサード リンク
 
 

既報。旧商号(株)エムグラント・フードサービスで飲食系フランチャイズ事業展開していた(株)MFS(株)MFS(所在地:東京都渋谷区道玄坂2***)は3月16日、東京地裁において破産手続き開始決定を受けた。破産管財人は、成田慎治弁護士が選任されている。

負債総額は約4.5億円。

資本金は5000万円。

同社は平成18年9月設立の「ステーキハンバーグ&サラダバーけん」、「ステーキハンバーグ&サラダバーけん」、「ふらんす亭」、「相席屋」、「ヴォーノ・イタリア」などの運営会社。同社は多店舗展開すると共にFC事業を行い、平成24年3月期には約225億円の売上高を計上していた。
しかし、ステーキブームによりステーキ店に参入する飲食店も多くなり、FC店の撤退や不採算店の撤退から、平成28年期には約26億円の売上高まで減少。撤退損などから財務内容も悪化させ、令和元年7月に「ステーキハンバーグ&サラダバーけん」事業を名古屋市のジー・テイストに、「ふらんす亭」の事業を川口市の(株)ふらんす亭に譲渡して、再建をはかってきたが、業績改善にはいたらず、今年1月、社名を現行の(株)MFSに変更し、今回の事態に至った。


追、代表は「ロードサイドのハイエナ」と呼ばれ、良くメディアに露出しており有名でもあった。ブーム産業はブーム終焉とともにオワル。

 

 

 

既報記事
旧(株)エムグラント・フードサービスの(株)MFS(東京)/自己破産へ 「ロードサイドのハイエナ」


 

[ 2020年3月25日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産