アイコン 沖縄初のコロナ関連倒産 「アクアレンタカー」の(株)ニューステップが民事再生申請 負債約4億円

 

スポンサード リンク
 
 

レンタカーの(株)ニューステップ(所在地:沖縄県那覇市具志3***)は3月23日、那覇地裁において民事再生法の適用を申請した。申請代理人には、与世田兼稔弁護士(098-855-8688)が選任されている。

負債総額は約4億円。

資本金は500万円、従業員は10名ほど。

同社は平成23年6月設立のレンタカー会社。那覇や宮古島で格安レンタカーの店舗名「アクアレンタカー」事業を運営し、観光ブームに乗り令和元年5月期には6億円以上の売上高を計上していた。しかし、リース車を中心に約400台の車両を抱え、経費負担で利益は限られ、平成31年3月には代表を交代して利益改善に動いていた。だが、日本・アジア・世界での新コロナ感染症の大発生により、国内客や海外客も激減し、リース代金が支払えなくなることが明らかになったことから、抜本的に財務内容を改善させるため今回の申請となった。

追、リース会社はなかなかカットしてくれないが、状況からしてリース会社もカットするしかないだろう。

 

沖縄の報道によれば、3月30日(月)17時から、那覇市の八汐荘で債権者説明会が開催されるとしている。

 

[ 2020年3月24日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産