アイコン 那覇空港で26日、2本目の滑走路の運用が開始される。

 

スポンサード リンク
 

那覇空港は長さが2700メートルで、沖合の約160ヘクタールを埋め立てて滑走路が完成、26碑から運用が開始される。

空港全体の安定的に運用できる年間発着容量は、現在の約1.8倍の年24万回(1日平均658回)に増加する。

滑走路が2本に倍増することで、新型コロナウイルスの感染が落ち着いた後は航空便が増え、地元では沖縄県を訪れる観光客の増加につながることが期待されている。

0325_02.jpg

[ 2020年3月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産