OECD加盟38ヶ国による2018年基準の分析によると、自営業者の比重の高い国、低い国は次のとおりになっている。

sponsored


自営業者の高い国
1、コロンビアが52.1%
2、ギリシャは33.5%
3、ブラジルは32.5%
4、トルコは32.0%
5、メキシコは31.6%
6、チリは27.1%
7、コスタリカは25.1%
8、韓国は25.1%
自営業者比重が大きかった。

自営業者の低い国
1、米国は6.3%
2、ノルウェーは6.5%、
3、ロシアは6.7%、
4、デンマークは8.1%、
5、カナダは8.3%、
6、ルクセンブルクは8.6%、
7、オーストラリアは9.6%、
8、スウェーデンは9.6%、
9、ドイツは9.9%
10、日本は10.3%