韓国の東亜日報は、ソフトバンクグループの中核企業である通信会社ソフトバンクと、LINEの親会社である韓国のIT企業ネイバーが合弁で設立する新会社の取締役会会長にネイバーの創業者で、グローバル投資責任者を務める李海珍氏が指名されたと報じた。LINE社内の匿名の関係者からの情報を引用した。

sponsored


同紙によれば、ヤフーの親会社Zホールディングス(HD)を傘下に収める新会社の取締役会には、ソフトバンクの宮内謙代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)、藤原和彦取締役専務執行役員兼最高財務責任者(CFO)らも加わる。

LIN\Eはヤフーの親会社Z-HDと経営統合する予定となっている。

スプリント社同様、SBグループをさらに成長させ牽引する企業にはならないだろう。LINEの会員成長もすでに止まっている。