1日、赤羽一嘉国土交通相は記者会見で、7月27日~8月27日に政府の観光支援事業「Go To トラベル」を利用して宿泊した延べ人数が少なくとも556万人に上ったとの速報値を発表した。

利用実績は「堅調に来ている」との認識を示した。

8月20日までの420万人から100万人以上増加、事業は7月22日、利用客が後から割引相当額を受け取る方式で先行開始したところ、同27日以降、旅行業者や宿泊施設が割引済み商品の販売を開始。

速報値は割引済み商品について事業者からの報告を基に集計したものだという。

sponsored


以上、報道より参照

赤羽氏はGoToの方針について、安倍晋三首相の辞任表明を受けても「どなたが首相になっても、これまでの事業方針に変更はなく継続される」と発言、恐ろしいまでの落ち込みを見せた旅行関係業界は、今のところこれにしがみつくしかない。