アイコン 中国・HNA海航集団 リース代金未払い問題浮上 総負債13兆円規模

スポンサード リンク

中国民営複合企業大手、海航集団(HNAグループ/海南航空が母体)の債務拡大をめぐって、このほど傘下航空大手のリース契約代金の未払いなどが新たに報じられた。

同社について昨年11月、1000億ドル(約13兆5000億円/現在価/135円)規模の負債を返済するために、海外資産に売却を計画し始めたばかり。

過去、3年間積極的に海外進出を進めた同社に対して、中国当局が海外投資規制を強化したため、資金調達が悪化したことが主因だとみられるという。

 ロイター通信は15日、中国国内銀行やリース業関係者の話として、海航集団傘下民間航空大手の海南航空など3社の航空子会社は、飛行機のリース契約代金を滞納しているという。また、傘下の天津航空は、今年が返済期限となっている一部の債務に関して、返済期間の延期を検討しているという。(傘下航空会社の2016年の総運用機数165機、発注機数53機)

 同報道によると、中国輸出入銀行は、同社流動性の逼迫を解決するために、専門チームを立ち上げた。中国輸出入銀行は長年、海航集団に資金の貸出を行っている。

また、米WSJ紙は14日、海航集団傘下オンライン金融プラットフォーム「聚宝匯」が、昨年11月から、一部の金融商品の資金償還を2回も延期したと報じた。
 聚宝匯によると、同プラットフォームの利用者が1888万2500人で、累計投資金額が967億1900万元(約1兆6636億円)。

 海航集団は1998年設立、本部は海南省海口市にある。
設立当初は航空運送事業が主だったが、今は物流、レジャー、金融などの事業も展開している。昨年、米誌「フォーチュン」が発表した世界企業番付「フォーチュン・グローバル500」では、170位にランクインしていた。

 過去3年間、同社は海外企業の買収を積極的に行い、約400億ドル(約4兆4400億円)以上の資金を投入した。2016年と2017年に、米ホテル大手のヒルトン・ワールドワイド・ホールディングスや欧州金融大手のドイツ銀行の大量の株式を取得し、筆頭株主になった。

 しかし、昨年、中国の外資不足問題が露見、中国金融監督当局が海航集団を含む一部大企業の海外投資リスクを規制強化した結果、各社の債務問題が浮上した。
 WSJが昨年11月、海航集団の総負債が1000億ドル(約13兆円/135円)の水準に達していると報じた。
 同月末、同社の譚向東・最高経営責任者(CEO)は、所有する海外不動産の売却に着手していると明かした。
WSJによると、売却対象は米、英、豪などの各地にあるオフィスビルやレジャー施設とにっている。

 また、海外メディアによると、同社は債務返済の対策として、昨年11月と12月に傘下企業の雲南祥鵬航空や天津航空、三亜鳳凰国際空港が、270日間人民元建て短期社債を発行。利率は7.5%~8.2%と、同社の過去最高金利水準に設定していた。
 以上、

中国当局は何でもかんでも経済高成長時代のような解放路線を取り、世界中で中国国営や民間企業に対して、金融機関に買収資金を融資させることで、先端技術会社・大手企業のM&Aや不動産買占めを実行させてきたが、中国にとっては低成長時代に変わっており、その歪が外資不足を露見させた。

そうした事態に中国金融当局はなりふり構わず、企業にとどまらず個人まで外資流出に対して規制強化、仮想通貨取引所さえ、不正海外資金流出の検査が入ったほどだった。
その煽りを食ったのが、大連万達集団だろうか。

万達は、中国で1・2位を争う不動産会社。映画・エンターテイメント事業・ホテル事業・不動産事業をグローバル展開、国内では格安入場料のテーマパークを各地に展開していた。ただ、アメリカでは巨額投資の超高層ビルを建設中でもあり、外貨流出の目の敵にされ、本体の返済資金の借り換えができなくなり、ホテルやテーマパークを1兆円規模で中国の同業者に売却して、返済資金を確保する事態に陥った。
(習近平国家主席の親族企業と大連万達は深い関係にあるとされ、一昨年まで成長を続け、その言動も歯に衣を着せぬものだった。しかし、出る釘が打たれるのは日本も中国も同じ、昨夏、出過ぎたためか当局から大きなトンカチで頭を打たれてしまった)
(外資巨額流出で唯一規制がかからなかったのは、習主席が大好きなサッカー、欧州著名チームを何チームも中国の企業や投資ファンドが買収しているが、忖度からかそうした買収に対して規制はかけられていない)
忖度は政治家や官僚たちにより随時行われるが庶民とは関係ない世界、ポルトガル語を語源とするドンタークは5月博多の庶民のお祭りだ。
 

スポンサード リンク
[ 2018年1月17日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ