アイコン 日東電工・蘇州工場撤退で従業員デモ 警察と衝突

スポンサード リンク

日東電工の中国・蘇州工場(江蘇省/2001年進出)で、工場閉鎖に不満を持った従業員がデモを起こし、一時、警察当局と衝突する騒ぎが起きていたことが9日分かったと報道されている。

関係者によると、一部従業員は、退職金上積みといった条件を受け入れ、騒動は収束したもよう。

以上、時事通信参照

 

日本企業の工場撤退ともなれば、反日感情が喚起され、すぐ過激化しやすい。

目先を追っかける日東電工は中国より韓国が大好きのようだ。

韓国では、いずれ技術を全部吸い取られてしまうことだろう。日本の過去、韓国への進出企業の歴史がそれを物語っている。

スポンサード リンク
[ 2018年1月10日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ