アイコン 致死量約5000人分のシアン化ナトリウム粉末紛失事件/北九州

福岡県北九州市は1日、成人約5000人分の致死量に相当する猛毒のシアン化ナトリウム粉末1キロが倉庫からなくなった化学品商社「コタベ」(下関市)の小倉営業所(小倉北区)に立入調査した。

北九州市は調査後、管理体制については毒物劇物取締法上の問題はなかったと明らかにした。

コタベによると、1月30日午前6時半には紛失していなかったが、31日午前10時ごろに紛失が発覚した。
小倉北署が窃盗の疑いもあるとみて捜査している。
以上、

スポンサード リンク

毒物劇物取締法上の問題はなかったとしても、管理体制に問題があったからこそ紛失している。北九州市当局は、問題を履き違えている。

スポンサード リンク
[ 2018年2月 1日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ