アイコン 北九州の探偵事務所 (偽)ストーカー追跡TBS番組で6人書類送検 売名行為だった

「怒りの追跡バスターズ」
福岡県警八幡西署は19日、嘘のストーカー被害に関する情報をテレビ局に提供し、業務を妨害したとして、北九州市内の探偵事務所代表の男ら男女計3人を偽計業務妨害の疑いで福岡地検小倉支部に書類送検していたことが判明した。

 捜査関係者らによると、3人はTBS系で昨年10月に放送されたドキュメントバラエティー番組「怒りの追跡バスターズ」で、ストーカー被害に遭っているとした女の依頼に基づき、探偵事務所代表の男がストーカーを突き止めるという内容で番組に出演。
しかし、収録中に話のつじつまが合わないことに番組スタッフが気付き、虚偽のストーリーだったことが判明。このため番組では、3人の矛盾を追及する様子も放送されたという。

スポンサード リンク

探偵事務所代表の男は、TBSに対して「売名行為だった」などと認め、TBSが被害届を出していた。TBSテレビ社長室広報部は「厳正な捜査を期待している」としている。

 以上、
 当然、そうした売名行為の情報提供も想定されること、事前チェックの能力不足。中央のTBSなのに何故か福岡県警八幡西署が担当、TBSは情報の真贋確認もせず、地方のTV番組制作会社に制作依頼したのではないのだろうか。
 

スポンサード リンク
[ 2018年1月24日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ