アイコン 韓国の5つ星ホテル トイレスポンジでコップ洗浄の余波

2017年、星を提供する米国のフォーブス・トラベルガイドは、アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域の世界42ヶ国を対象にしており、全世界で5つ星を獲得したホテルは175軒、スパは56軒、レストランは62軒に授与されている。
世界各国の傾向としては、ホテル部門で5つ星が最も多かったのは、マカオとパリがいずれも10軒で最多。次いでロンドン9軒、香港8軒だった。

しかし、韓国の5つ星ホテルでは、トイレを洗ったスポンジで洗面のコップも洗うなど、いかがわしい評価がなされている実態が浮き彫りになっている。
今回、5つ星ホテルでもTV朝鮮の調査対象となったのはごく一部、そのホテルでさえ、こうした問題を発生させていた。

スポンサード リンク

世界で観光客が激増する中、観光客にとって一定の宿泊目安となる格付、格付機関のフォーブスがブランド名やミテクレだけで拘り、いい加減な調査を行った結果だと見られる。
ホテル側も神経がそこまで回らない集客最優先主義がこうした問題を発生させている。ホテル館内派遣業者、パート含む全スタッフの質および教育の問題、器造って魂入れず。

ソウル市内の一流ホテルの衛生状態に問題があると「TV朝鮮」の時事番組『CSI:消費者探査隊』が2月4日、便器を磨いたスポンジでコップを洗うソウル市内の一流の5つ星ホテルの衛生実態を報道した。
先日報道されて以来、「5つ星でも信じられない」という声が上がっている。
中国や日本などの海外メディアでも報じられ、波紋はさらに広がりつつある。
問題となった5つ星ホテルでは、トイレ掃除専門スタッフの別途採用、食器類の追加購入・一括洗浄など衛生マニュアルを変更して対策を講じている。
 以上、

韓国の5つ星ホテル
ロッテホテルソウル、ソウル新羅ホテル、世宗ホテル、シェラトンソウルパレス江南ホテル、ロイヤルホテルソウル、グランドハイアットソウル、ロッテホテルワールド、シーラホテル、プリマホテル、インターコンチネンタルソウルCOEX、インペリアル パレスホテル、グランド インターコンチネンタルソウル パルナ、JWマリオネットソウル、フォーシーズンズホテルソウル、ノボテルスイーツアンバセダーヨンサン、ノボテルアンバセダーソウルヨンサン、グランドメルキュールアンハセダーソウルヨンサン、メイフィールドホテル、グランドアンバサダーソウル、ウエスティン朝鮮ホテルソウル、ミレニアムソウルヒルトン、ティーマークグランド明洞、釜山ロッテホテル、グランドホテルヨイド、シグニエルソウルほか計28ヶ所。

<5つ星ホテルの現状と対策>
0215_03.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年2月15日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ