アイコン 半田市のNPO法人「エンド・ゴール」に1.8億円の返還請求/厚労省

 

 

厚生労働省は、国が委託した就労支援事業をめぐり、契約違反の疑いがあるとして、愛知県半田市のNPO法人「エンド・ゴール」に対し、2015年度まで4年分の委託費約1億8000万円の返還を求めている。応じない場合は訴訟を検討する。

同省によると、15~39歳を対象に、就労に向けた支援を行う「地域若者サポートステーション」事業で、愛知県一宮市と半田市にある事務所で職員の勤務日を水増ししていた疑いが浮上。同省が、勤務実態を裏付ける書類の提出を求めたが、「監査に従う義務はない」と応じず、昨年契約を解除した。

エンド・ゴールは、若者就労支援の他、知多半島の市や町のイメージキャラクターを使った観光PRなどの事業を展開している。
以上、

スポンサード リンク


HPで見る限り、いろいろやっているNPO法人のようであるが・・・。

スポンサード リンク
[ 2018年2月16日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ