アイコン 東名高速 煽り運転の末、相手を殴り重症負わし逃亡

 

 

21日午前2時ごろ、愛知県日進市北新町八幡西の東名高速道路下り線で、大型トラックを運転していた茨城県大洗町の男性会社員(43)が、後続の乗用車に停車させられ、乗用車の男に棒のような物で殴られて、右膝を骨折する重傷を負った。
男の行方を追っている。

トラックの男性が追い越し車線を走行中、乗用車から車間距離を詰められたため、車線を譲った。乗用車は追い抜いた後、トラックの前方を塞ぐように走ったため、トラックは路肩で停車。乗用車も止まり、両車をそれぞれ運転していた2人が降車して口論となり、男は「なんで、どかねーんだ」などと言って、男性を棒のような物で殴ったという。

男は20~30代くらいで、上下とも黒色の服だった。乗用車は白色の大型セダンで、愛知県警は殺人未遂容疑で、ナンバーなどの目撃情報をもとに、特定を進めている。
 以上、

スポンサード リンク

日本人もキレまくる人たちが異常に多くなった。ヤク中か多血民族か異常者か。
トラック運転手は路肩に止まりやり過ごそうとした賢明な判断、しかし、キレていた男の異常が過ぎていたようだ。
運転していたら、こうした事態は必ず生じる。

車間距離が短く、ちょっと煽ったような運転になったことから、前車の雪駄のおっさんに車を止められ、ひとしきり、本物だったのでごめんなさいで勘弁してもらったこともある。おっかねぇ。
 

スポンサード リンク
[ 2018年2月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ