アイコン 韓国集団発狂指数50万突破 女子スピードスケート炎上問題

 

 

平昌冬季五輪のスピードスケート女子団体追い抜き1回戦に出場した韓国代表チームのチームワーク不足や競技後のインタビューの発言が問題視されネット上で炎上した問題は、収まる気配を見せずにいる。批判を受けた選手が異例の謝罪会見を行ったものの、波紋はさらに続いている。

発狂指数:
文大統領が青瓦台(大統領府)HPの掲示板に創設させた請願コーナー、30日以内に20万人以上の同意があった案件については、政府または青瓦台の高官が回答することになっている。

青瓦台HPの掲示板には、この問題の「真相解明」とキム・朴両選手の「国家代表資格剥奪」を求める請願が投稿されている。「国家代表資格剥奪を求める請願」の賛同者が3日経たずして50万人を突破している。

スポンサード リンク

前回の発狂は、文政権が仮想通貨取引所の閉鎖方針を打ち出したところ、文政権の泣き所であるロウソク民心と名乗る者たちが猛反対し瞬く間に20万人以上が請願、びっくり転げた当局が、取引所の閉鎖方針を取り消し、不正口座開設の禁止にとどめた。最近になると、当局が仮想通貨取引所を認める発言をなし、回復基調の仮想通貨相場を大きく押し上げる発言となった。

文大統領が欧米を真似て開設した青瓦台HPの請願コーナー、政府の政策に対し、請願やご意見箱としての活用はあろうが、大統領の本来意図するところの目的を逸脱し、今回のように個人攻撃の場に化かせば、文大統領(国家)が助長させた犯罪者にもなろう。すでに、これまでそれを放置している文大統領は犯罪者ともいえる。

韓国では、青瓦台に対し発狂すれば、何でもかんでも望みが叶えられるようだ。

スポンサード リンク
[ 2018年2月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ