アイコン 韓国から北朝鮮へ玄武2弾道ミサイルの設計図が盗み出された可能性

 

 

韓国国会の国防委員会で20日、北朝鮮軍が韓国軍の「玄武2」ミサイルの設計図面をハッキングしたという説が提起された。
今月8日の北朝鮮建軍節軍事パレードに初めて登場した新型ミサイルが、韓国の国防科学研究所(ADD)の開発した玄武2ミサイルと酷似しており、設計技術が北朝鮮に流出したのではないか、というのだ。
保守系野党「自由韓国党」の鄭鎮碩議員は20日、国防委の非公開全体会議で、このような疑惑をめぐり国防部(省)の宋永武長官と質疑を行った。

鄭議員の質問に対し宋長官は「きのうADDに行って玄武の実物を見て、(技術流出の可能性について)討議したが、ハッキングされたわけではない」と答弁したと伝えられている。

スポンサード リンク

宋長官は前日ADDの専門家らと北朝鮮のミサイルへの対応案を話し合ったという。宋長官は「北朝鮮のミサイルは、
固体燃料型のコールドロンチ技術が適用された新しいミサイルだと分かっている」
「北朝鮮のミサイルは、玄武の形をしているが誘導方法などは異なる」
と答弁し、さらに「軍事パレードで(新型の)潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)が(登場すると)期待されたが、現れなかった。(北朝鮮の戦力レベルについて)計算ができない」とも発言した。

問題のミサイルは、サイズや形が「玄武2」と類似し、韓国内外の専門家の間で北朝鮮による設計図ハッキングの可能性が指摘されていた。
一部では、玄武2の原型に挙げられるロシアのイスカンデル(SS26)ミサイルをコピーした可能性も持ち上がっていた。

玄武2は、韓国軍の対北朝鮮先制攻撃概念「キルチェーン」の中核となる攻撃手段。文在寅大統領が昨年6月、ADDを訪れて発射デモンストレーションを直接視察したこともある。
論争拡大の兆しがあることを受けて宋長官側は、国防委の会議が終わった後に立場を表明する文書を出し「北朝鮮のミサイルは玄武2と似てはいるが、玄武2ではない」と説明した。
以上、韓国紙参照

玄武2弾道ミサイル(射程300~500キロ)は、ロシアの弾道ミサイル技術を土台に開発されているとされるが、技術導入経路については明らかにされていなかった。
(今でも宇宙空間500キロへ飛べる宇宙ロケットさえ自力では開発していないほど、ロケット=弾道ミサイル技術がないが、射程1500キロの巡航ミサイルや射程500キロの玄武2弾道ミサイルなどを開発・所有している)

ところが2011年9月に韓国メディアが、国家情報院の指導の下で弾道ミサイルをロシアから盗み出した韓国人の話が報道された。
この男(K)は1996年からロシア極東で鉄スクラップを韓国企業に輸出する事業をしていた。この頃、ロシアはウクライナ独立(1991年)によって欧州向け弾道ミサイルを既に極東のカムチャッカに再配備しており、続いて米ロ戦略兵器削減条約に基づいてこのミサイルを廃棄することになっていた。
これに関して1997年にKの企業にミサイルを解体するよう依頼が来た。Kはその年にソウルで国情院と接触し、秘密裏に弾道ミサイルの部品を韓国に搬出する作戦が立案された。1998年に本格的に作戦が開始され、Kは米ロの偵察衛星に気づかれないように新月の夜明け時に限って少しずつ破砕されていないミサイルの部品を鉄くずに紛れ込ませて12km離れた埠頭の野積み上に運搬した。
この際ロシアのミサイル基地司令官ら4名に計70万ドルの賄賂を渡している(当時のカムチャッカのマンション1戸が6千ドル)。
そして1998年11月に仁川港への搬出に成功。部品だけでもトラック2台にぎっしり詰まるほどであり、大田の韓国航空宇宙研究院を経由して国情院に持ち込まれた。
この後も2000年12月に弾道ミサイルの詳細な接続部品を、2001年11月にはエンジン3個とノズルの搬出に成功した。
正式には明らかになっていないが、玄武-2の開発はここから導き出されたものと考えられている。
以上、ウィキペディア参照

韓国の国防部は、北朝鮮からのハッカー攻撃によりほとんど盗まれており、玄武2の設計図が盗まれたとしても一向におかしくない。
その韓国でさえ、ロシアのイスカンダルを盗み出し、その模造品が玄武2ということになっている。
意外と現実は北朝鮮がロシアから正式に導入し、韓国はパックったことになるかもしれない。


0221_05.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年2月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ