アイコン 産革機構 超音波複合振動接着機の「LINK─US(リンクァス)」に出資 新技術

 

 

官民ファンドの産業革新機構(INCJ)は22日、超音波を使って金属を接合する装置の開発・製造を手掛ける「LINK─US(リンクァス)」に3億5000万円投資したと発表した。

従来、金属を接合するには、圧力を加えたり、熱で溶かしたはんだを付けたりしていたが、それだと飛散物が発生して不純物が入りやすいなどの課題があった。
超音波接合は、材料を溶かすことなく、原子レベルで接合するため母材にほぼ等しい接合強度も得られるという。

リチウムイオン電池の電極部分の接合などに使え、「すでに大手バッテリーメーカーへの導入実績もある」(光行潤社長)という。

スポンサード リンク

調達資金は、人員増強などに充て、今期1.5億円の売上高(予想)を2022年には40億円強まで拡大させる計画。
光行社長は「リチウムイオン電池は、世界で取り合っている状態。この技術で国内バッテリーメーカーの技術向上に寄与したい」と意欲を示している。

INCJのディレクターは、「金属の接合技術は、電池や半導体、医療機器等いろいろなところに使われている。難しい接合が増えており、この技術に対する期待は大きい」と語っている。

LINK─USの超音波複合振動接着機は千代田交易が代理店取り扱い。

 

会社名
株式会社LINK-US(リンクァス)
LINK-US Co., Ltd.
所在地
神奈川県横浜市港北区新横浜2-3-4
クレシェンドビル1F  電話番号045-475-2375
代表
光行 潤
設立
2014年8月
資本金
3億6,106万5,650円
主な株主
㈱産業革新機構
オリエント商事㈱
三菱UFJキャピタル㈱
大和企業投資㈱
事業内容
・超音波複合振動および強力超音波技術を応用した各種装置の受託販売
•強力超音波応用に関するコンサルティング
•超音波複合振動に関連する特許技術の供与
• 超音波複合振動による常温溶接技術に関連する、
・ 各種の同種・異種金属材料の溶接装置および強力超音波技術
これらを応用した各種装置の開発・設計・製造販売
超音波複合振動接着機の特徴(特許品)
特徴等
楕円振動により、各種材料を短時間で安定的に溶接する事が可能。
省エネで高い溶接性能を発揮し、ワークの損傷が少なくロバスト性に優れる。
方向性が無い溶接な為、どの方向からも剥離し難い安定した強度を確保。
消耗品は先端チップを交換するだけで、大幅なランニングコスト軽減が可能。
溶接範囲以外への影響が少なく、連続点溶接も容易に。
パワーや沈み込み量等の結果から合否判定を行う事で、品質管理に寄与。
他工法と異なり、界面が合金化しないので導電性が向上。

スポンサード リンク
[ 2018年2月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ