アイコン ダッジ「チャレンジャー」で中央道235キロ 逮捕  国内最高速違反認定

 

 

警視庁は1日、時速235キロで車を運転したとして、東京都世田谷区世田谷、会社員の男(41)を道路交通法違反(速度超過)容疑で逮捕した。同庁によると、国内で過去最悪のスピード違反だという。

発表によると、男は2016年1月29日午前4時15分頃、東京都国立市の中央道上り線で、法定速度を135キロ上回る時速235キロで乗用車を運転した疑い。速度違反自動監視装置(オービス)が検知した。男は「(オービスに)映っているのが自分かどうかわからないので否認する」と供述しているという。

スポンサード リンク

車は米ダッジ社製「チャレンジャー」(排気量約6400cc)で、前部のナンバーが外されていた。2015年以降、ナンバーを外したこの車が都内5ヶ所でオービスに速度違反を検知されており、同庁で男との関連を調べる。

 

<同型車のチャレンジャー>
 <同型車のチャレンジャー>

 

スポンサード リンク
[ 2018年3月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ