アイコン グリーンハウス 安い 4K/HDR対応49V型液晶TVを49,800円でゲオから販売

 

 

(株)グリーンハウス(所在地:東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル5階 設立:1991年(平成3年)6月 代表取締役:小沢 武史)は24日、49V型の大画面で高画質な映像を楽しめる4K液晶テレビ「GH-TV49B-BK」を4月28日(土)より発売すると発表した。

今回発売する4K/HDR対応49V型液晶テレビ「GH-TV49B-BK」は、メイン基板に日本製ボードを採用し、低価格ながらも日本製ボードならではの色再現性やノイズ低減を向上、さらに高画質技術HDR(ハイダイナミックレンジ)対応により、明暗差の大きい映像でも、肉眼で見ているような高品質で美しい映像を実現、広視野角IPS式パネル採用の高品質モデル。

 グリーンハウスは、1999年にパソコン用液晶ディスプレイの発売を開始し、以来19年間液晶ディスプレイメーカーとして第一線で販売してきた実績と、ポータブルDVD/ブルーレイプレーヤーなどのチューナー付AV家電の長年の販売実績、そして液晶パネルを扱い続けてきたノウハウから、今回の圧倒的な価格帯を実現している。

スポンサード リンク

<外付けHDで裏番組録画も>
 チューナーは、地上デジタル放送とBS/CSデジタル放送それぞれ2つ搭載したダブルチューナータイプなので、USB外付けハードディスクを接続すれば、番組表からの録画予約、視聴中の番組をダイレクトに録画できるだけでなく、裏番組の録画にも対応し、最大64番組の録画を予約できる。

 また、HDMI入力は3系統を装備。HDMI1は音声出力も可能なARC(オーディオリターンチャンネル)に対応し、HDMI3は4K映像の入力と外部機器との相互コントロールが可能なCEC機能に対応している。

 販売価格は、4K/HDR対応49V型テレビとしては市場最安値(2018年4月24日 弊社調べ)となる49,800円(税抜き)、
4月28日(土)からゲオショップ100店舗で販売する。
またゲオのECサイトGEO-MARTでは同日より予約販売する。
以上、

有機ELが液晶価格を押し下げており、4K液晶ならば精細であり、まったく視覚に問題はない。
安くなったものだ。

0425_05.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年4月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ