アイコン 関西電力 福井県の美浜原発3号機にテロ対策500億円

 

 

関西電力が、福井県の美浜原子力発電所3号機においてテロ対策向け設備を設けることがわかった。

航空機の故意の衝突などに耐えるため、水素爆発による原子炉格納容器の破損防止設備などを517億円かけて整備するという。

20日付、原子力規制委員会に原子炉設置変更許可申請、

新規制基準に沿ったもので2021年10月までに作業を終えるとしている。

関電の、廃炉決定分含まない原発7基の安全対策費は今回分を含めて約8800億円に増えることになり、大飯原発3.4号機(福井)で同様のテロ対策設備の整備はこれからで、これを加味すると約1兆円に膨らむ見込み。

スポンサード リンク

以上日本経済新聞より参照

 

美浜発電所

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29717010T20C18A4LKA000/

スポンサード リンク
[ 2018年4月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ