アイコン 母親までパワハラか 大韓航空・韓進財閥「ナッツ&水掛け姫」のヒステリーは遺伝か

 

 

韓国では姉妹の度重なるパワハラに、一族の関税脱税輸入まで浮上した韓進財閥のオーナー一族が晒し者になっている。今度は、姉妹の母親が標的にされている。
間欠性爆発性障害=憤怒調節障害は遺伝するのか、それとも後発か不明だが、生活環境から人の性格が形作られることから、後発と思われるものの、姉妹揃ってヒステリーとは珍しいケース。ただ、母親だとされる今回の映像を見る限り、姉妹揃ってヒステリーになったのがなんとなく理解できるかもしれない。

韓国ロウソク民心と連帯参与の支持により大統領になった文在寅氏の政権は、富裕層の頂点である財閥解体を目論んでおり、韓進財閥はその標的にされる格好の材料を噴出させ続けている。

スポンサード リンク

大韓航空を中核とする財閥・韓進グループの趙亮鎬会長の妻、李明姫一宇財団理事長(69)と推定される人物が、工事現場で工事関係者に暴力を振るう様子を撮影した動画が23日、公開された。
この動画をメディアに提供した人物は「暴力を振るっているのは李明姫理事長だ」と証言した。
大韓航空社員が開設したソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上の情報提供掲示板に投稿されたこの動画は、2014年5月に韓進グループ系列会社のKALホテルネットワーク・仁川グランドハイアットホテル増築工事現場で撮影されたものだという。
動画は1分27秒ほどで、李明姫理事長と推定される人物が、工事現場で地面に置いてあった物を足で蹴ったり、頭を下げて立っている工事関係者に向かって指を差したりする様子が映っている。

さらに、女性工事関係者の腕をつかんだかと思うと引っ張ったり、背中を強く押したりしたほか、男性工事関係者がこれを止めようとすると、男性が手にしていた書類の束を奪ってぶちまけたりもしている。
 動画の工事関係者らは、当時増築工事を担当していた会社の社員たちだという。
李明姫理事長と推定される人物が罵声を浴びせる様子を録音した音声ファイルが公開されたことはあるが、動画で公開されたのは初めて。
動画の工事関係者らは、当時増築工事を担当していた会社の社員たちだという。
李明姫理事長と推定される人物が罵声を浴びせる様子を録音した音声ファイルが公開されたことはあるが、動画で公開されたのは初めて。
警察は現在、李明姫理事長の暴行・暴言容疑に関して内偵捜査を進めている。
 

 

現代韓国人の国民性格
(著者:李符永・ソウル大学教授)2015年発表分
(01)依頼心が強い
(02)すべきことをせず他人に期待し裏切られると恨んだり非難する
(03)相手も自分と同じ考えだと思い「違う」と分かると裏切られたと思う
(04)せっかちで待つことを知らず「今すぐ」とか「今日中」とよく言う
(05)すぐ目に見える成果をあげようとし効果が出ないと我慢せず別の事をやる
(06)計画性がない
(07)自分の主張ばかりで他人の事情を考えない
(08)見栄っ張りで虚栄心が強い
(09)大きなもの・派手なものを好む
(10)物事を誇張する
(11)約束を守らない
(12)自分の言葉に責任をもたない
(13)何でも出来るという自信を誇示するが出来なくても何とも思わない
(14)物事は適当で声だけ大きくウヤムヤにする
(15)綿密さがなく正確性に欠ける
(16)物事を徹底してやろうとしない
(17)「見てくれ」に神経を使う
(18)「世界最高」とか「ブランド」に弱い
(19)文書よりも言葉を信じる
(20)原理・原則より人情を重んじ全てを情に訴えようとする
 
追、朝鮮日報:怒りを抑えられない間欠性爆発性障害=憤怒調節障害者急増している。2013年の焦りや逆上などが関係する不安障害者患者数は49万人とされている(2010年41万人)。

スポンサード リンク
[ 2018年4月24日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ