アイコン ポスコ 権五俊会長辞意表明 文政権の積弊清算圧力か

 

 

韓国の鉄鋼最大手ポスコの権五俊会長が18日、辞意を表明した。

権氏はこの日、取締役会後に記者団に対し、「ポスコが新たな100年を築いていくためにはさまざまな変化が必要だが、その中でも重要なのはCEO(最高経営責任者)の変化ではないかと思った」とした上で、「私よりも情熱と能力があり、若くてパワフルな方に会社の経営を譲るのがよいと考えた」と述べた。

取締役会は辞意を受け入れたが、経営に空白が生じないよう、後任の選任まで会長職にとどまることを権氏に要請した。
権氏は、朴槿恵政権下の2014年3月に会長に選任され、構造改革を断行し成功させた。
昨年3月に再任され、任期は2020年3月まであった。
辞意表明には文在寅現政権の圧力が働いたとの見方もある。
以上、

スポンサード リンク

左派政権の文政権の圧力は、単に積弊清算の一環で保守政権に近い企業家に圧力を加えているだけ。ほとんどの財閥企業が今後、憤怒障害の社会主義政権の文政権に多かれ少なかれ人民裁判にかけられ弾圧されるものと見られる。
文在寅大統領の訪米・訪インドネシアでは、多くの経済界の有力者を引き付れ行ったが、ポスコ権五俊会長は文在寅に嫌われ、連れて行ってもらえなかったという嫌がらせの圧力を受けていた。

ポスコはベトナム(電炉)やインドネシア(高炉)に進出させているが、米国とのFTA再交渉で韓国から米国への鉄鋼輸出を3割減少させることで内定しており、韓国政府としては、FTA締結の中国からの安価な鉄鋼製品が大量流入する中、同じくFTA締結のベトナムのポスコからの輸入問題も抱え、国内鉄鋼業界の調整も難しい局面に至っている。

憤怒障害・復讐・執拗・右も左も銭まみれ。

 

現代韓国人の国民性格
(著者:李符永・ソウル大学教授)2015年発表分
(01)依頼心が強い
(02)すべきことをせず他人に期待し裏切られると恨んだり非難する
(03)相手も自分と同じ考えだと思い「違う」と分かると裏切られたと思う
(04)せっかちで待つことを知らず「今すぐ」とか「今日中」とよく言う
(05)すぐ目に見える成果をあげようとし効果が出ないと我慢せず別の事をやる
(06)計画性がない
(07)自分の主張ばかりで他人の事情を考えない
(08)見栄っ張りで虚栄心が強い
(09)大きなもの・派手なものを好む
(10)物事を誇張する
(11)約束を守らない
(12)自分の言葉に責任をもたない
(13)何でも出来るという自信を誇示するが出来なくても何とも思わない
(14)物事は適当で声だけ大きくウヤムヤにする
(15)綿密さがなく正確性に欠ける
(16)物事を徹底してやろうとしない
(17)「見てくれ」に神経を使う
(18)「世界最高」とか「ブランド」に弱い
(19)文書よりも言葉を信じる
(20)原理・原則より人情を重んじ全てを情に訴えようとする
追、朝鮮日報によると:怒りを抑えられない間欠性爆発性障害=憤怒調節障害者急増。2013年の焦りや逆上などが関係する不安障害者患者数は49万人(2010年41万人)。
追、拓殖大の呉善花教授
(番外)韓国には『悪者は完全に潰す』という国民性がある。

スポンサード リンク
[ 2018年4月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ