アイコン ギターの名門「ギブソン」破産(民事再生)申請 アメリカ

 

 

1894年創業の米老舗ギターメーカー「ギブソン・ブランズ(テネシー州)」は5月1日、連邦破産法11条(民事再生)の適用をデラウェア州の裁判所に申請した。

債権者の3分の2以上と再建支援で合意しており、楽器製造などの事業を継続しつつ、経営の立て直しを目指す。

フィリップスの音響部門を買収したことから、負債が拡大し、音響事業も軌道に乗せられなかったことが破綻原因となっている。

スポンサード リンク

米国の音楽シーンは、すでにヒップホップやK-POPPに乗っ取られ、同社の主力事業のエレキギターの販売が大幅に落ち込んでいる。

(日本も音楽シーン自体が壊滅状態。日本の音楽プロダクションは今やK-POPPで食っている)

 

過去関連記事

http://n-seikei.jp/2018/02/post-49764.html

0502_01.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年5月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ