アイコン 日経平均株価 終値400円超の値下がり 貿易摩擦懸念

 

 

19日の東京株式市場は、株価は大きく値下がりし、日経平均株価は、終値として400円を超える値下がりとなった。

主な原因は、アメリカと中国の貿易摩擦が一層激しくなることへの懸念。

前場はー100円ほどで動きが少なかったが、後場になって300円超の値下がりとなった。
 

スポンサード リンク

0619_05.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年6月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ