アイコン ハゲに良報 理研ら「毛包」大量生産技術確立 ノーベル賞もの

 

 

理化学研究所(理研)や(株)オーガンテクノロジーズの研究グループが「脱毛症」などの治療に応用するため髪の毛を作り出す「毛包」という器官を人工的に大量に作る技術を開発し、来月から動物で安全性を確かめる試験を始める。
薄毛などの脱毛症に悩む人は、全国に2500万人以上いると推計されているが、男性ホルモンをコントロールする薬の投与など治療法は限られていて、理研などでは毛髪を作り出す「毛包」と呼ばれる器官を再生医療の技術で作り移植する治療法の開発に取り組んでいる。
理研やベンチャー企業(株)オーガンテクノロジーズの研究グループが4日、ヒトの頭皮にある3種類の細胞を取り出して増やし、さらに専用の特殊な機械で3種類の細胞を一緒に培養することで、「毛包」を大量に作り出す技術の開発に成功したと発表した。

スポンサード リンク

理研らによると、これまでにない方法で、20日間ほどで髪の毛1万本に相当する約5000の「毛包」を作り出せるとしている。
グループでは、7月から動物に移植して安全性を確かめる試験を始め、早ければ再来年(2020年)にも実用化したいとしている。
以上、

これを契機に技術開発が進み、カツラの会社や増毛会社などに大きな影響を与えることになる。
詳細は、
http://www.organ-technol.co.jp/uploads/

スポンサード リンク
[ 2018年6月 4日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ