アイコン 忍び寄る「悪魔の耐性菌」米感染者年間200万人・死亡2.3万人

 

 

米疾病対策センター(CDC)は3日に発表した報告書で、「悪夢の耐性菌」と呼ばれる細菌から、200以上の希少な抗生剤耐性遺伝子が見つかったことを明らかにした。

報告書では、高い耐性を持つものの、まだ広範には感染が広がっていない耐性菌にスポットを当てた。それでも全ての州で、さまざまな耐性菌が見つかっている。

米国の耐性菌感染者数は、年間200万人、死者は2万3000人に上るという。

今回の検査は2017年に実施され、病院や介護施設で見つかった耐性菌の分離株5776株を調べた。その結果、およそ4株中1から、耐性菌の拡散を助ける遺伝子が見つかった。さらに、221株は「特に希少な耐性遺伝子」を持っていた。

その後の追跡調査では、患者と接触した人のうち、10人中1人に近い割合で陽性反応が出た。

「異常耐性菌は、ほかの患者に拡散し、気付かれないまま感染を広げている可能性もある」と指摘している。

そうした「無症状の保菌者」が、どの程度の頻度で感染を拡散させているのかは不明としている。

221の希少耐性遺伝子は、27州で肺炎や血流感染、尿路感染などの症例に関連して採集された分離株から見つかっている。

以上、

スポンサード リンク

抗生物質の多用や化学成分の氾濫で、耐性菌も耐性菌種も増加一方のようだ。

薬剤に対して菌が変異し耐性化し人体の自然治癒力以外治療方法なし。

スポンサード リンク
[ 2018年4月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ