アイコン グアテマラのフエゴ火山の大噴火 死亡75人、不明者192人

 

 

6月3日から続く中米・グアテマラのフエゴ火山の大規模な噴火で、これまでに75人が死亡、192人が行方不明となっており、行方不明者数や犠牲者は大幅に増加する可能性がある。

フエゴ火山は活火山として知られる標高3700メートル余り。

グアテマラの国家災害対策調整委員会の担当者は6日、今回の噴火ではふもとの2つの村が壊滅的な被害を受け、そのうちの1つの村でどれだけの住民が避難できたのか分かっておらず、被害の全体状況の把握は進んでいないという。

以上、AFPなど参照

スポンサード リンク

傾斜がきついだけに溶岩流が裾野に一気に下り、多くの犠牲者を出しているものと見られる。

フエゴ火山は2015年2月、6月、11月にも噴火していた。ただ、今回は大規模噴火になっている。

0607_04.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年6月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ