アイコン キューバ B737型機墜落 113人搭乗 多数の死者

 

 

キューバの国営メディアによると、キューバの首都、ハバナの空港で現地時間の18日午後1時すぎ、東部オルギン向け飛び立ったキューバ国営クバーナ航空のボーイング737型旅客機が日本時間の19日未明、離陸直後に墜落した。乗客乗員113人が乗っていた。

墜落現場では、多くの救急隊員が出て救助作業が行われており、国営メディアはこれまでに3人が助け出されたと伝えているが、AFP通信によりますと、墜落現場を訪れたキューバの国家元首、ディアスカネル国家評議会議長は多くの死者が出ていると述べたという。

ハバナにある日本大使館によると、現在のところ、日本人が旅客機に乗っていたという情報は入っていないという。

スポンサード リンク

旅客機は、クバーナ航空がメキシコの航空会社から機体を借りて運航していたという。

以上、

0519_03.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年5月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ