アイコン 5月の新築着工戸数1.3%増の78.539戸 分譲マンション20.7%増 首都圏はマイナス

 

 

国交省が発表した5月の新設住宅着工は、分譲マンションが増加し、賃貸住宅物件が減少した結果、前年同月比1.3%増の78,539戸となった。また、季節調整済年率換算値では前月比0.4%増の996千戸となった。

1.総戸数
○新設住宅着工戸数は78,539戸。
・前年同月比1.3%増, 2ヶ月連続の増加。
○新設住宅着工床面積は 6,415千㎡。
・前年同月比0.1%増,11ヶ月ぶりの増加。
○季節調整済年率換算値では996千戸。
・前月比0.4%増,2ヶ月連続の増加。

スポンサード リンク

2.利用関係別戸数
(1)持家=注文住宅
○持家は前年同月比▲2.2%減の23,321戸、4ヶ月連続減

(2)貸家=賃貸マンション・アパート・貸家
○貸家は▲5.7%減の31,083戸で、12ヶ月連続減

(3)分譲住宅
○分譲住宅は 12.2%増の23,944戸で、2ヶ月連続増
・うち分譲マンションは20.7%増の11,861戸で、2ヶ月連続増
・うち戸建分譲住宅は5.8%増の11,944戸で、2ヶ月連続増

3.地域別戸数
○首都圏
総戸数は前年同月比▲4.2%減の26,574戸
注文住宅は▲1.9%減の4,470戸
賃貸住宅物件は▲3.5%減の11,359戸,
分譲住宅▲11.9%減の10.020戸
うち分譲マンション▲18.9%減の4,797戸、
うち戸建分譲住宅▲3.6%減の5,089戸

○中部圏
総戸数は19.1%増の9,860戸
注文住宅は10.9%増の3,605戸
賃貸住宅物件は17.9%増の3,416戸,
分譲住宅は35.0%増の2,759戸
うち分譲マンションは48.0%増の1,048戸,
うち戸建分譲住宅は28.2%増の1,711戸

○近畿圏
総戸数は27.2%増の14,140戸
注文住宅は1.4%増の2,891戸
賃貸住宅物件は▲1.4%減の4,905戸,
分譲住宅は89.4%増の6,215戸
うち分譲マンションは199.9%増の4,273戸
うち戸建分譲住宅は4.6%増の1,942戸

○その他地域
総戸数は▲7.6%減の28,965戸
注文住宅は▲6.3%減の12,355戸
賃貸住宅物件は▲14.3%減の11,403戸
分譲住宅は6.4%増の4,950戸
うち分譲マンション▲1.6%減の1,743戸
うち戸建分譲住宅は13.7%増の3,202戸

住宅着工戸数推移
 
着工戸数
前年比
2010年
813,126
3.1%
2011年
834,117
2.6%
2012年
882,797
5.8%
2013年
980,025
11.0%
2014年
892,261
-9.0%
2015年
909,299
1.9%
2016年
967,705
6.4%
2017年
964,641
-0.4%
2018年
368,810
-4.4%
2018年は1~5月累計値
 
 
<全国の住宅着工戸数月別3ヶ年>
全国
2016年
2017年
2018年
 
 
対前年
 
対前年
 
対前年
戸数
同月比
戸数
同月比
戸数
同月比
1
67,815
0.2
76,491
12.8
66,358
-13.2
2
72,831
7.8
70,912
-2.6
69,071
-2.6
3
75,744
8.4
75,887
0.2
69,616
-8.3
4
82,398
9.0
83,979
1.9
84,226
0.3
5
78,728
9.8
78,481
-0.3
79,539
1.3
6
85,953
-2.5
87,456
1.7
 
 
7
85,208
8.9
83,234
-2.3
 
 
8
82,242
2.5
80,562
-2.0
 
 
9
85,622
10.0
83,128
-2.9
 
 
10
87,707
13.7
83,057
-4.8
 
 
11
85,051
6.7
84,703
-0.4
 
 
12
78,406
3.9
76,751
-2.1
1~5月
967,705
6.4%
964,641
-0.4%
368,810
-4.4%

スポンサード リンク
[ 2018年7月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ