アイコン 葵化学(株)(大阪)/自己破産へ

 

 

食品添加物製造の葵化学(株)(大阪市西淀川区佃4-10-20、代表:角田政昭)は7月26日事業停止、事後処理を浦寛幸弁護士(電話06-6365-5688)ほかに一任して、自己破産申請の準備に入った。

スポンサード リンク

同社は昭和25年創業の豆腐や油揚げ用の食品添加物製造業者。ほか化学や自動車部品メーカー向けにも化学薬品を製造し、平成23年11月期には5億円以上の売上高を計上していた。しかし、その後は、消費不況・共稼ぎ世帯の増加から豆腐需要が減少し続け、売上不振に陥り、平成29年期には売上高が2億円台まで落ち込み、経営不振が続いていた。

 

 

 

 

スポンサード リンク
[ 2018年8月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ